単剤処方治療

薬単剤処方は、抜け毛治療と呼ばれているもので、AGAの進行を遅らすことを目的とした治療です。この治療方法では進行性となっているAGAを抑制する薬剤の処方による治療を行うため、AGAの症状による抜け毛治療を継続して行うことができます。この治療方法では血液検査を行わずにカウンセリングと薬による治療を続けていくことになります。このAGAの症状と単なる抜け毛の症状を間違えてしまう人も多く、間違った判断で対策をしようとしても失敗してしまいます。

薄毛の症状については、早めに対応することで時間とコストを節約することができます。薄毛に悩まされる人のなかには遺伝的な原因で薄毛になってしまう人も多くいます。そのため家族の中で薄毛や抜け毛に悩まされている人がいるならば、自分も薄毛や抜け毛に悩まされてしまう確率が非常に高くなります。そのため早めに治療を開始することで、抜け毛や薄毛に悩まされることがないようにすることが可能です。

単剤処方の治療では、内服薬を利用して治療することになります。副作用のある薬を使用するため、必ず専門の医師に相談をして薬を服用するようにしましょう。インターネットの通販でも購入できますが、副作用のことを考えると非常に危険な薬になるので病院で処方してもらうのが安心です。

専門的な治療